誰よりも長くつきあう自分のカラダ。

動きによって、食べたものによって、ホルモンのバランスによって日々の調子が変わります。

年齢を重ねる毎に以前は感じなかった違和感もでてきていませんか?

 

私のカラダ。

数年前までは自分でも驚くほど調子がよく、いや、あまり調子が悪かったことはありません。

それが当たり前で過ごしていたので、ヨガも色んなポーズに果敢に(笑)チャレンジしてきました。

それが・・・・この数年。

2~3年くらいでしょうか・・・調子が良くない。もともと痛みを感じていなかったので、急降下している感覚。

昨年のギックリ腰を患う前から、右の股関節の調子は悪く、ギックリ腰以降さらに股関節の痛みが強かったり、治ったと思っていた腰の痛みもぶり返したり、日によっては膝が痛かったり、左の股関節も違和感があったり…。

どうなっている、私のカラダ???

何年もかけて勉強している解剖学の知識からカラダの痛みへの対処法を試しても効果なし…。

痛みが気になる時、長引く時はまず病院へ。

私がお客さまにもよくお伝えする言葉です。

その言葉に沿って先日、整形外科で腰、股関節、膝のレントゲンを撮ってもらいました。

結果。異常はないとのこと。

「でも痛い・・・、じゃあ、この痛みはどうすればいいのでしょうか?」

「他の病気が隠れているなんてことはないのでしょうか?」

割としつこく質問してみましたが、しばらくの沈黙の後、先生から出た答えが「リハビリでもしてみましょう」。

理学療法士さんの指導で正しいカラダの動かし方、使い方を練習しましょうということです。

今まで、理学療法士さんに指導する先生や鍼灸師さんなどから解剖学を学んできているので、「腰、股関節、膝が痛い時の対処法」はある程度知ってはいるのですが、それ以上に何か役立つことがあるかもしれないとリハビリにも行ってみました。

結果。提案される動きは全て普段の練習やクラスでしているので全てできる。

凝り固まっていると思われる筋肉も痛みがある時は自分でほぐしているので、マッサージの効果もなし。

リハビリの先生には申し訳ないのですが、保険適用とはいえ、診療費も毎回かかるので一旦休止することに。

 

なぜ痛みがなくならない?

何年も勉強会に参加している先生のWSでの写真。

どこに意識を向けて、どこに呼吸をいれてポーズをとれば痛みなく快適にキープできるのかを確認中。

1人1人骨格が異なるので、カラダの使い方も意識の向け方も違うという事を毎回学んでいます。

特にカラダを反る時は腰や肩に負荷がかかって痛みが出やすいです。

ヨガのポーズを苦しみながら繰り返し練習することができるのは若いうちだけです。

年齢を重ねてくるとポーズとの向き合い方も変わってくるので、快適さを求めます。

前回のWSで腰に長く痛みがある場合は内臓疾患がある場合があるので気をつけましょうという話がありました。

女性だったら子宮系の疾患。男性だったら肺がんや胃がんの可能性もあると。

ずっとその言葉が頭の中にひっかかっていたので、昨日、子宮がん検診にも行ってきました。

平日昼間は仕事があり、検診を後回しにしがちです。

特に子宮がんなどは痛みや違和感が出てからでは既に遅いと言われています。

結果まで1週間かかるので気持ちがソワソワしています。

 

痛みが出てから特に気をつけているのが普段からカラダのケアをすること。

筋膜リリースやマッサージグッズ。

お風呂でスクラブマッサージ、入浴後はボディオイルで脚を念入りにマッサージ。

(最近のお気に入りはweledaのホワイトバーチ。伸びがいいのでマッサージに最適。海外のサイトですがiherbで買うとお安く買えます!)

ボーッとしてる時はフランクリンボールやローラーなどで筋膜リリース。

これだけで、かなりカラダが軽くなります。

最近セルフマッサージを必死でするようになり、エステサロンでのマッサージが気になりはじめました。

気になったらすぐに試してみたい性格の私。早速行ってみました。

マシンでカラダを温めつつ、脚、お尻など入念にマッサージ&吸引&EMS。

エステティシャンの方いわく、筋肉は程よく柔らかいのですが、温めてほぐしてもすぐに冷えてしまうとのこと。

老廃物がたまり、血流が悪いらしいです・・・。

「冷え体質」

私自身の自覚はあまりなく、辛い食べ物が好き、汗をかきやすい…隠れ冷え体質は以前から指摘されていました。

絶対改善してやる!!とお風呂上りに毎日自らに誓ってマッサージしています。

 

そんな色々を日々経験しながら・・・結局。

カラダって不思議。

わからないことだらけです。(実際、まだまだ解明されていないことばかりです。)

ヨガのインストラクターの経験が浅い頃、自分のカラダに痛みが出る前は学んできた「カラダの取扱説明書」的なもので色々解決すると思っていましたが、最近は特にカラダはそんな簡単なものではないと気づかされています。

レントゲンにはうつらないけれど、長年培ってきた、カラダぐせ、左右差、いがみ、捻じれなどが年齢と共に痛みに繋がることもある。

だから、腰が痛いといっても原因は様々だし、痛みの改善方法も1つではない。

 

ヨガをなぜ続けるのか。

以前なら、アドバンスのポーズができるようになりたい!が一番でしたが、最近は「QOLを高めたい!」が一番。

【QOL=クオリティオブライフ】

カラダもココロも整えて日々の生活の質を高めたい。

そのためには痛みをどうしたら改善できるか探し続けること。

日々の練習の中で探っていきたいと思います。

お客さまからの声も私の知識のプラスになります。

クラスでの感想など遠慮なく教えてくださいね。

 

堺市堺区(上野芝)・南区(栂・美木多)の少人数ヨガスタジオ
Yoga room まるさんかくしかく

● 緑ケ丘自宅…月・火・水・木・金・土曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● エトワール…水曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● スタジオ ティアラ…木曜日
(南海泉北高速鉄道 栂・美木多駅)

詳細はスケジュールをご確認ください
facebookはコチラ→●▲■
Instagramはコチラ→〇△□