暑い!!!と言わない日がないくらい猛暑が続いていますね。

朝、暑くて汗をかいて不快で目が覚める。

家の掃除をしていてもポタポタ汗が落ちてくるので首にはタオル必須。

庭の雑草を抜いたり、水をまくだけでも汗だく。

…と汗をかく日々。

さあ、そんな汗ですが、暑いからといってずっとクーラーの効いた快適な部屋で過ごしているとカラダが体温調節をすることを忘れてしまい汗をかけなくなります。

外の気温が上昇したときや運動をした時は、体温や肌表面の温度があがります。

すると脳が体温上昇を感知して、汗を出すことで体温を下げてくれます。

この汗がでる部分が汗腺と言われ、エクリン腺アポクリン腺の2種類あります。

暑さや運動による汗は、温熱性発汗と呼ばれエクリン腺から汗がでます。エクリン腺は手のひら、足のうらの一部を除いて全身にあります。

人前に出て緊張したとき、驚いたときなど精神的な刺激にともなってでる汗は精神性発汗と呼ばれ、エクリン腺とアポクリン腺の両方から汗がでます。よく「手に汗をかく」「冷や汗をかく」と表現する場合がこちらです。

もう一つ、スパイスカレーなど辛いものや酸っぱいものを食べたときにかく汗は味覚性発汗と呼ばれ、エクリン腺から汗がでます。鼻や額に汗をかきますよね。私は辛いもの、酸っぱいものは得意で少々では汗をかきませんが、旦那さんはどちらも弱く一緒に食べに行くと顔のまわり汗だくで油断するとお料理に汗が落ちる…事態が発生しています(笑)←いや笑えませんね。

エクリン腺からでる汗は基本は無色、無味無臭、サラサラです。

だから運動習慣のある人が汗をかいても、「気持ちいい!」「スッキリ!」となり大量に汗をかいた後、汗がひいてもカラダの表面がサラッとしてます。

ですが、カラダの機能がうまくいってない場合はベトベトしてニオイが発生する場合があります。この場合汗をかくと「気持ち悪い!」「早く着替えたい!シャワーに入りたい!」となるかもしれません。

汗腺も日常の運動習慣によって鍛えることができます。

皆さんは、気持ちのいい汗をかけていますか?

ヨガでいい汗かきましょう♪

 

毎日、温熱性発汗で滝汗をかいている私。

月に2回、精神性発汗でワキや背中から嫌な汗をかく日があります。

ウクレレレッスンの日。

レッスンの日が近づくと、焦って急に練習をはじめるのですが、上達しない…

先生の前で課題曲を弾くとき、緊張で汗だく。

今は「糸」「少年時代」「猫」(dish)などなどを練習中。

先生と一緒に弾くと、もの凄く上手く聞こえてノリノリになるのですが、家で練習していると上手くいかなくてテンションが下がってきます…。

3年後にクラス終わりのシャヴァーサナでウクレレ披露します!と宣言してからもう1年経過。

あと2年で披露できる腕前になれるのか…練習あるのみですね。

まずは、月に2回、嫌な汗をかかずに乗り切れるように頑張ります!

 

堺市堺区(上野芝)・南区(栂・美木多)の少人数ヨガスタジオ
Yoga room まるさんかくしかく

● 緑ケ丘自宅…月・火・水・木・金・土曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● エトワール…水曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● スタジオ ティアラ…木曜日
(南海泉北高速鉄道 栂・美木多駅)

詳細はスケジュールをご確認ください
facebookはコチラ→●▲■
Instagramはコチラ→〇△□