昨年2月頃から新型コロナに翻弄される日々が約2年。

感染者が増えたり減ったり…そろそろ落ち着いてきたかと思ったら11月頃から南アフリカで発生した「オミクロン株」に脅かされることに。

京都大学の西浦教授によるとデルタ株に比べて、2.8~4.2倍うつりやすいと研究結果が出されているほど、感染しやすい。

ただ、世界各国をみても重症化しにくいというのはわかっているらしく、その辺りは病院が以前ほどは逼迫しないので一安心。

ただ、ワクチンを2回接種していても感染するというのが油断できないですね。

とにかく感染拡大を予防するためにも、人の移動が多くなる年末年始こそ気をつけて生活するしかないですね。

 

わが家には高校3年生の息子、高校1年生の娘がいます。

この2年間でコロナの影響はかなり受けていますが、今回のこの時期のオミクロン株はかなり痛い。


(今年のクリスマス。両親も呼んで賑やかに過ごしました。)

 

息子

来年1月~3月に大学受験を控えているので、このままオミクロン株の感染拡大が続けば、受験に大きな影響がでます。

まだオミクロン株自体の詳細がわかっていないので、つい先日は「濃厚接触者は陰性でも受験不可」と発表され、すぐに否定されましたが、最初の発表を聞いた時は目が点になりました。

今までの努力がいとも簡単に無駄になってしまう…と。

大阪も1月にはオミクロン株の感染がかなり拡大されると予想が出ているので受験生の家族は特に気をつけるしかない。

見えない敵との終わりのない戦い…なんとか、受験を乗り切ってもらいたいです。

 

まだまだコロナ禍ではありますが、落ち着いてきていたので3学期にカナダへ留学に行くことが決まってました。

カナダは比較的留学生の受け入れが寛大で現地教育委員会からも歓迎されていたようなのですが、11月から世界各地でのオミクロン株の発生に伴い、留学の雲行きが怪しくなってきました。

必要な書類も全部用意して、11月末にはフライトも抑え、ホームステイ先も決まるはずだったのですが、少しづつ決定が延期になり、搭乗予定だったフライトがキャンセルになったり、日本が海外帰国者への隔離を厳しくしだしたり…。

何度目かの説明会を経て…とうとう、25日の日に「留学中止」の連絡が入りました。

クリスマスの楽しい日に悲しいお知らせ。

この2年で色々学校行事がなくなったりしてきましたが、今回もか…とショックを受けました。

高校生の間に海外に行くことで、漠然としたこの先の進路に何か新たな道筋ができればと期待していたのですが、中止。

果たしてまた留学のチャンスが巡ってくるのか。


(子供たちが作ってくれたクリスマスケーキ)

 

わが家だけではなく、お子さんをお持ちの方はコロナで色々と悔しい思いをされていると思います。

10代の頃にしかできない経験。大人になってから思い出す若い頃の思い出。それがコロナになるのかと思うと残念すぎます。

早く、学校でも制限なく思いっきり大声で叫んだり(応援したり)、笑ったり、食事をしたり…ができるようにしてあげたい!!!!!

 

 

堺市堺区(上野芝)・南区(栂・美木多)の少人数ヨガスタジオ
Yoga room まるさんかくしかく

● 緑ケ丘自宅…月・火・水・木・金・土曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● エトワール…水曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● スタジオ ティアラ…木曜日
(南海泉北高速鉄道 栂・美木多駅)

詳細はスケジュールをご確認ください
facebookはコチラ→●▲■
Instagramはコチラ→〇△□