季節が夏から秋に変わり、やっと朝晩涼しくなってきました。

今月は中秋の名月もあり、いつもより月を見る機会が増えます。

お天気が心配でしたが、まーんまるで綺麗なお月さまが見れました!

 

今月のクラスは「月」をテーマに月にまつわるポーズを取り入れています。

三日月のポーズ

名前の由来は、腕、背中、脚にかけて月のように美しいカーブを描いているところ。
ただし、あくまでも完成形が…なので完成するまでには全身の柔軟性、筋力が必要です。
このポーズには色んなバリエーションがあります。

どのレベルのクラスでもこのポーズは取り入れていますが、クラスによってこのポーズへの入り方、意識の向け方を変えています。
三日月のポーズで最近ずっと言い続けているのが“お尻をプリっとさせて!!”です。
お尻をうまく使うと柔軟性だけに頼らずに、筋力を使えて安定します。

月のポーズ

伸びた体側が月のようなカーブをえがくことから名づけられています。
このポーズも普段からよく取り入れています。
レベル2~3のクラスではストレッチをする事よりも筋肉を使う事に重きを置いているので“脇を縮めましょう!!”と声かけをしています。
筋肉を意識して使えるようになると、平行して柔軟性も上がっていきます。
無理なストレッチは身体を痛める原因となるため、どこに意識を向けるのかはとても大切。

 

半月のポーズ

脚の強さ&柔軟性、お尻の筋力、体幹、そして集中力が必要なため難しいポーズです。
このポーズを快適にキープできる身体をつくるためにクラスでは色んなアプローチを行います。
壁を使ったり、ブロックを使ったり、ベルトを使ったり…。
私はこのポーズが好きになるまでかなりの時間がかかりました。

ヨガの醍醐味はポーズができるまでの道のりを楽しむこと。
練習を続けていくうちに、以前は絶対にできないと思っていたことが力まずにできることがあります。
息が止まって、力が入りすぎていてはポーズの完成とはいえません。

自然な呼吸で力まずにポーズをキープできるようになるところを目指したい。
ゴールを決めるのはインストラクターの私ではなくて、皆さん自身です。

月にまつわるポーズは自分自身と向き合うのにも最適。
心地よくポーズができるように一緒に練習を続けましょう♪

 

堺市 堺区 南区のヨガスタジオ Yoga room まるさんかくしかく
● 緑ケ丘…月・火・水・木・金曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● 旭ヶ丘…水曜日
(JR 阪和線 上野芝駅)
● スタジオ ティアラ…木曜日
(南海泉北高速鉄道 栂・美木多駅)

詳細はスケジュールをご確認ください
facebookはコチラ→●▲■
Instagramはコチラ→〇△□